北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会 | 戻る
次の5件>>

NEWS :test
└ 2017-03-29 17:44

新規登録のテスト

NEWS :北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会・関西 緊急講演会
└ 2017-03-04 18:19

混乱する韓国、暴走する北韓
危機的状況の中で今、在日同胞が果たすべき歴史的役割を訴える!!

講師:統一日報論説主幹 洪熒(ホン・ヒョン)先生

日 時:3月19日(日) 13時30分 〜 (開場13:00)
場 所:大阪府社会福祉会館 4階 401号ホール
参加費:無料

■ 叔父を惨殺し、兄を暗殺し、多数の側近を処刑する、礼節を無くした金正恩。恐怖政治の結末は?

■ 韓国の政治状況の行方は、次期大統領に課せられる課題は?

■ 韓国が迫られる対北、中国、米国政策の内容は?それへの備えと覚悟はあるのか?

■ そして日本で今、私たちがなすべきことは何か。在日韓

NEWS :脱北者 イ・エランさん(韓国在住)から朝鮮初級学校生へのメッセージ
└ 2017-02-28 08:52

脱北者イ・エラン氏が、朝日新聞への朝鮮学校生徒への投書について答えた文章です
ぜひお読みください。ここにこの学校問題の本質がほぼ含まれているように思えます。(三浦)

朝鮮初級学校生 高さんへ送る手紙

朝鮮初級学校生 高さんへ

2月6日付けの朝日新聞に掲載された高さんの作文『朝鮮学校の良さを知って』を読みました。大人の事情でまだ幼い小学生さんを巻き込んだような気がして一人の大人として申し訳ない気持ちでした。しかし、高さんに誤解して欲しくないので、一つだけお伝えしたいことがあります。

この間、朝鮮学校の副教材に「日本人拉致」の内容を記述する条件で、自治体から補助金を貰おうと交渉した神奈川・朝鮮総連のトップがいきなりクビになったことが報じられました。本部の許可なしで独自に交渉をした理由です。

北朝鮮による「日本人拉致」の問題は既に世間に知られているので、その内容を朝鮮学校の教材に記述したって急変することはありません。常識的に考えて、自治体から補助金が出たら、生徒さんの授業料の負担は軽減し、普通の日本人学生同様、もっと良い環境と施設で勉強することができます。

だから、本当に生徒のことを考えているなら、朝鮮学校は教科書を修正して補助金を受け取るべきです。だが、朝鮮総連はそれを拒否しました。教科書を弄る前例を作ってしまうと、それを皮切りに最後は「金日成思想」まで弄られる可能性があるからです。

つまり、朝鮮総連にとっては生徒の人権より大切なのが「金日成思想」なのです。実のところ、朝鮮学校は朝鮮総連とつながっていてお金を一緒に使っており、朝鮮学校と朝鮮総連を通じて北朝鮮にお金を送ったという疑惑もたくさんあってので、朝鮮学校への補助金も本当は生徒のために使う気などなかったかもしれません。

2016年1月6日、北朝鮮が水爆実験に成功したと発表し、日本中が震えていた時に、朝鮮学校生は北朝鮮で「異国(日本)の空には人情もないのに祖国(北朝鮮)は愛情が溢れている」と歌って踊る公演を行いました。多くの日本人の方は日本を脅かす金正恩に忠誠を誓う朝鮮学校生の姿を怖く感じたと聞いています。これは、朝鮮学校生の街のゴミを拾う活動で解決するレベルの問題ではありません。

高さんが普通の日本の学校ではなく、朝鮮学校に進学したことにはそれなりの理由があるでしょう。母国語を学びたい、母国の歴史を学びたい。自分の根を大切にする気持ちは素晴らしいと私は思います。でもその選択の理由に「金日成思想」を学びたい、はなかったはずです。

私は生徒さんたちが堂々と自分の権利を主張するべきと思います。僕は民族教育を受けるために朝鮮学校を選んだだけで、「金日成思想」のために通ってるわけではないと。朝鮮学校が「金日成思想」を諦めたら、学生の生活はより豊かになります。朝鮮学校には朝鮮学校生が日本社会になじんで生きていけるようサポートする義務があります。

今の学校側の行為は生徒たちの人生を邪魔するだけです。北朝鮮に暮らしていたからこそ言えますが、「金日成思想」なんかは高さんのこれからの人生に何の役にも立ちません。朝鮮学校を批難する声に傷ついた高さんの話には胸が痛みました。

しかし、日本社会は高さんの存在を嫌うわけではない。高さんのような幼い子どもたちにああいう歪んだ教育をさせる学校側、大人たちを批難しているわけです。どうか自分のことを大事にして、自分の権利を取り戻してください。立派な大人に成長していくことを遠くから応援します。

イ・エラン
http://www.huffingtonpost.jp/lee-aeran/korean-school-in-japan_b_14897760.html


NEWS :新潟県立新潟中央高等学校に、小島晴則氏が著書を寄贈、校長室だよりで取り上げられました。
└ 2017-02-27 17:23

校長室だより 新潟県立新潟中央高等学校
創立116年めを迎えた新潟県立新潟中央高等学校の日々の様子をお伝えします

2017年02月22日

2月17日(金)、小島晴則さんが来校され、御著書を寄贈していただきました。

小島さんは、かつて北朝鮮帰国事業に新潟県帰国協力会の事務局長として携わっておられました。

昭和35年2月、本校生徒として在籍していた金和美さんが、帰国を前に記念として本校中庭に二本の梅を植樹し、翌月、本校卒業後、新潟港から北朝鮮に渡りました。金和美さんからは帰国の一年後、校長宛にはがきが届いた以降は連絡がとだえたままだそうです。

この度、小島さんは当時の取組について今一度考えるきっかけになればと、写真撮影していた帰国事業の貴重な記録を一冊にまとめて出版なさったのでした。(「写真で綴る北朝鮮帰国事業の記録 帰国者九万三千余名 最後の別れ」(高木書房))

御著書は670頁以上に渡って小島さんが撮影された貴重な写真が多数掲載されています。
本校卒業生で海を渡った金和美さんのこと、帰国事業のことをこれからも語り継いでいくため、生徒に紹介するとともに全校生徒が閲覧できるよう本校図書館に置かせていただきたいと思います。

小島さん、おいでいただき貴重なお話をお伺いするとともに、御著書を寄贈していただき誠にありがとうございました。
http://niigatachuohead.seesaa.net/archives/20170222-1.html

帰国者たちが日本に残したかすかな思い出が、こうして語り継がれていくことほどありがたいことはありません。校長先生に深く感謝いたします。学校の図書館にこの本が置かれ、金和美さんがこの日本で青春時代を過ごしたことが、一つのしるしとして残っていくこと、これが歴史を伝えるということだと思います(三浦)

NEWS :韓国在住の支援者の方が、金柱聖(脱北者)のトークに日本語字幕を付けてくださいました
└ 2017-02-24 11:35

https://www.youtube.com/watch?v=zCPxzwHK8fQ&feature=youtu.be

韓国在住の支援者の方から、以下のメールがリンク先と共に来ました。
ぜひ上のリンク先をクリックしてご覧になってみてください。(三浦)

以下、支援者からのメール内容です。(一部省略)

韓国でこの度、関西の朝鮮学校出身の金柱聖さんのベナTVでのトーク番組に、日本語字幕を付けました。
15歳まで日本で暮らし、70年代に帰国船に乗った方で、韓国の脱北者の中でもとても有名な方です。脱北青少年を養成するオーケストラを作り、活動されています。

前半には日本での暮らし、朝鮮学校での経験、帰国直後のショック・・・等の話も出てくるので、ぜひご覧になってみてください。

一度目の脱北で捕まり、北送されて、酷い拷問を受けています。今でも総連、民団に多くの親族がいるようです。



testnew!
北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会・関西 緊急講演会
脱北者 イ・エランさん(韓国在住)から朝鮮初級学校生へのメッセージ
新潟県立新潟中央高等学校に、小島晴則氏が著書を寄贈、校長室だよりで取り上げられました。
韓国在住の支援者の方が、金柱聖(脱北者)のトークに日本語字幕を付けてくださいました
朝鮮学校高校無償化についての要請文
調査会緊急セミナーのお知らせ(2月17日) しかし、金正男の死は報じられても、政治犯や民衆の死は報じられることもなく葬られてゆく
韓国での脱北者のトーク番組です。帰国者の悲劇と共に、これまであまり語られていなかった実態も聴くことができます。
補助金支給「要件満たさぬ」 大阪朝鮮学園の請求を全面棄却 大阪地裁判決 (産経新聞)
産経新聞、統一日報書評『写真で綴る北朝鮮帰国事業の記録 帰国者九万三千余名 最後の別れ』「国家的詐欺の証拠がここに」
写真で綴る北朝鮮帰国事業の記録 帰国者九万三千余名 最後の別れ 小島晴則著 高木書房 発売
朝鮮学校における教育内容 平成25年度東京都報告書から これは反日・独裁者崇拝であるとともに、在日朝鮮人と日本との共生を否定する教育です
12月21日 NO FENCE集会のお知らせ
朝鮮学校は歴史のくびきから解放されるべきである 長瀬たけし神戸市議の勇気ある議会質問
12月9日 「北朝鮮人権問題を一刻も早く解決するために、みんなの力と知恵を集めましょう!」
国際セミナー「激動する南北情勢の中で拉致問題を考える」(12月9日、救う会) 参加する金泌材氏の論考を紹介します
脱北者たち、大阪、八尾に生きて(2011年放送の番組です)
守る会関西支部学習会のお知らせ(12月3日 講師 喜多由浩)
12月11日 松江集会にて木下公勝氏が登壇予定です
「北の喜怒哀楽」産経新聞書評紹介します
「北の喜怒哀楽 45年間を北朝鮮で暮らして」木下公勝著 高木書房
守る会関東学習会のお知らせ 「韓国の現状と自由統一」 11月15日
朴槿恵大統領、10月1日建軍68周年演説 北朝鮮における自由、民主、人権の確立を呼び掛ける(統一日報)
NO FENCE講演会のお知らせ(10月8日)
目を覚ませ 在日韓国人たち(1) 朝総連と戦おうとしない民団(統一日報) 出るべくして出た民団批判
守る会関東支部学習会のお知らせ(10月18日 講師 喜多由浩)
良書紹介「『イムジン河』物語」(喜多由浩著 アルファベータブックス)
朝鮮大学校認可 小池百合子都知事は過去の知事の過ちを正すか(産経新聞)
北朝鮮核実験に対する日本各政党声明
北朝鮮兵士が越境、中国側銃撃 ロバ解体、肉持ち逃走か(朝日新聞記事)
光射せ 第15号 特集 朝鮮学校の問題をただす! 発行
「泳いできた」 山口に脱北者? 25歳男性、日本残留希望か (統一日報記事)
「北から脱出」訴える男性、山口で保護 「船から飛び降り、泳いで海岸に」 長門市、県警が聴取(産経新聞)
「女が動かす北朝鮮」五味洋治著(文春新書)
「朝鮮大学校」とは何なのか?各種学校認可で恩恵を受ける組織 専門家「革命の基地」(産経新聞記事)
朝大生200人を貢ぎ物としてささげた朝総連 (統一日報記事)
朝鮮大学校60年の闇(産経新聞)
「13人集団脱北」は金正恩式恐怖政治の副作用だ(アジアプレス)&北朝鮮赤十字 韓国に脱北従業員の送還要求するメール(聯合ニュース)
北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会 総会のお知らせ
朝鮮大学校、在校生が激減…最盛期の4割に 大学を認可した美濃部都知事は、1971年、金日成との対談でよど号問題に触れていた
北朝鮮の核実験に「抗議」や「糾弾」ではなく、核開発を不可能にする制裁の実行を!
「スパイ天国」狙い撃ち 北の指示役逮捕、韓国大統領選でも暗躍(産経新聞)
<北送日本人妻の悲劇>  - 北送と帰国の差 ― 李テギョン氏
脱北者団体代表を送検 支援金着服の疑い=韓国
4回目の核実験と金正恩の運命  姜哲煥 北韓戦略センター代表(統一日報記事)
参考情報 1月29日、日本は北朝鮮に何をされてきたのかー北朝鮮工作機関教範「金正日主義対外情報学」を読み解くー 特定失踪者問題調査会講演会のお知らせ
1月30日 元総連活動家を迎えての守る会関東学習会「帰国者の自由往来の実現のために朝鮮総連をどう改革するか」のお知らせ
国軍捕虜は従軍慰安婦より重要ではないか(統一日報記事)
日本に暮らす脱北者200人、身元明かせず孤独募らせる(石丸次郎氏記事)
12月12日NO FENCE 2015.12.12 14号&18号収容所生還者 金龍氏初来日講演 (No FEMCE主催)のお知らせ